一般的な礼金に必要な金額

一般的な礼金に必要な金額


一般的な礼金に必要な金額
"入居者から2ヶ月分の礼金をいただいたとしましたら、1ヶ月分を不動産屋に支払うというのが一般的なこととなります。
つまり賃貸物件の契約者が大家さんに変わって、不動産屋に対して紹介料を支払っているということになるのです。

礼金というのは、戦後の焼け野原で家の無い人達が「大家さん、家を貸してくれてありがとうございます」という、お礼の意味から始まりました。
東京や埼玉など関東を中心として礼金制度が広まり、その名残りとして現在でも残っているのです。

礼金の一部というのは大家さんが不動産屋に支払うこととなり、それは言わば紹介料という形になります。
大家さんがわざわざ自腹を切って不動産屋へ紹介料を支払う習慣は無く、礼金が紹介料として習慣になっているのです。"



一般的な礼金に必要な金額ブログ:20年05月17日

「お母さんみたいになりたくない」
私は小さい頃から、漠然とそう思っていた。

無口で、格好なんて全然気にしなくて、不器用なお母さん。
お母さんのことを、なんとなく苦手に感じていた。

家で自営業を営む親父のかわりに、
外へ働きに出ていたからかもしれない。
同じ家の中にいるのに、あまりにも関わりが少なくて、
まるで他人のようだった。

大学入学とともに、私は家を出た。
実家に帰省することはほとんど無くなり、
たまに帰っても1日中寝てるか、テレビを見るかだった。
帰りの遅いお母さんと会話をする機会も、必然的に減っていった。

「疲れたなぁ」「最近頭が痛いの」
たまに顔を合わせると、愚痴や弱音を呟くお母さん。
「薬でも飲んどけば」と、
ついつい素っ気無く返事をしてしまう私。

こんな調子だから、
私達の関係は深まることは無く、
平行線のように、交わることもない。

そんな私も就職活動を迎えて、
色々と将来のことを考えるようになった。

会社を選ぶ際に、
私は無意識に
「出産後も働ける環境か」
ということを気にしていた。

あぁ、私はやっぱりお母さんの娘なんだ…
ずっとお母さんの背中を見てきた私には、
そういう働き方以外思い浮かばなかったのだ。

実際に自分が育児と仕事の両立を考えると、
その負担の大きさが身にしみた。
お母さんは、毎日そういう生活を送っていたのだ。

昨日、久しぶりに家族で銭湯に行くことになった。
何年ぶりだろうか。
お母さんと久しぶりに一緒にお風呂に入った。

二人とも、手足は痩せているのに
ウエストだけぽっこりと出ている体型で、
「遺伝なんだね」と笑いあった。

久しぶりに、お母さんと一緒に笑った。

一般的な礼金に必要な金額

一般的な礼金に必要な金額

★メニュー

敷金について理解しておこう
一般的な礼金に必要な金額
賃貸の契約は二年毎に更新
物件情報豊富で信頼性のある大手不動産屋
あまり良い物件が見つからないフランチャイズ
来客数が少ないから地域密着型が狙い目
貴方の条件はしっかりと担当者に伝えよう
家賃設定を超える物件は見ない
日当たりなどの方角は自分自身で確認
携帯電話が圏外のマンションがある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)インターネットで簡単賃貸検索